こわくないおばけ

日記のようなもの

車の免許が取れなかった話

f:id:obakediary:20160512044604j:plain

私の持ってる唯一の資格は普通自動二輪免許だ。

この免許があれば、400ccまでのバイクを運転できる。ただし排気量の大きいバイクは重くて操作するのがこわいので、125ccくらいまでのいわゆる原付2種といった小回りのきく小さいバイクしか乗らない。

どうも自分は、大きなものを大きな力で操ることが向いてない気がする。

バイクより圧倒的に大きくて重くて、パワーに溢れそこらじゅう見覚えのない光沢でツルッとしてる、車。とても自分の手には負えないもののような気がする。そんなものを操縦しながら、同じくそんなものがせわしなく行き交う車道に出るなんて危険だ。車の運転なんて危険しかないのだ。

昔、時間のあったとき、自動車運転免許を取るために教習所に通ったことがあった。でも運転の練習がどうしても好きになれず行くのがめんどくさくなってすぐに行かなくなってしまった。教官が苦手だった。複雑な動作が全く不得意で、物覚えが悪いんだけど、さらに隣で矢継ぎ早に注意されるともう何が何だかわからなくなってだめ。集中している時に運転と関係のない世間話を時々挟んでくるのも許せない。一体なんなんだ。

結局、仮免すら取れずに教習の期限が切れてしまった。車の運転は好きじゃないということを決して安くない金で認識できた。まあ私の日常生活では車は特になくても困らなかったので、必要性もなくやる気もあまりなかった。

車でどこか行くのは好きだけど、万年助手席ではカーナビ操作スキルと車内DJスキルが熟練するばかりで、運転してくれる人に少し申し訳なかったのと、車が不可欠な田舎で生活する日がいつか来るかもわからなかったから取れるのなら取っておこうと思ったけど、どうやら時は早かった。

でも少しは運転を練習したので万が一、秩序も道路交通法もないパンデミックな世界が訪れても、乗り捨てられた車で廃車だらけの道路をゆっくり走って、人並みに安全地帯を目指せると思う。バイクもあるし。