こわくないおばけ

おばけの日記/文章を書く練習

虫けらホテル ②

前回↑の続き

虫けらホテル(insect hotel あるいはエコスタック)とは、虫のすみかを作るタイプのビオトープ。石ころや木、廃材などを積み上げて作るのだが、生き物を呼ぶのにいちばん必要なのはやっぱり「土」だと思う。

しかしうちは鉄筋コンクリートのマンションなのでベランダには土壌がない。立派な虫けらホテルを建ててもそこに土がなければ、ベッドのないホテルと同じこと。

ベランダの床に直に土を敷くのはマンションの管理規約上NGですから、ならばせめて虫けらホテルの土台になるくらいの広めのプランターを用意しようと思い、買うより作った方が都合が良さそうなので作ることにした。

f:id:obakediary:20170105135146j:plain

▲設計図を書いた

f:id:obakediary:20170105135546j:plain

▲木材を買ってきた

f:id:obakediary:20170105135619j:plain

▲土台を作る

f:id:obakediary:20170105135715j:plain

▲詰め放題400円で手に入れた端材で枠を作る。ただの板よりもランダム感が出て良い

f:id:obakediary:20170105135801j:plain

f:id:obakediary:20170105135830j:plain

▲オイルステイン塗る

f:id:obakediary:20170105135929j:plain

▲野菜作ったあとの古い土を入れた。土の厚さは5cm

f:id:obakediary:20170105140017j:plain

▲何か植えたくなったけど、目的は花壇にすることじゃないのでとりあえずその辺に散らばっていたものを置くだけにした。拾ってきた木の枝や石ころを積み上げて虫が入り込めそうな空間をちょっとずつ作ったり、季節が進んでそのうちに勝手に雑草が生えたりすればいいと思う。

f:id:obakediary:20170105140632j:plain

▲こういうスキマは虫が入ったらgoodでしょう。