こわくないおばけ

おばけの日記/文章を書く練習

小網代の森

網代(こあじろ)の森は、神奈川県三浦半島の先端にある、相模湾に面した70haの森。ここは、森林、湿地、干潟及び海までが連続して残されている、関東地方で唯一の自然環境で、希少種を含む多くの生き物たちが多様な生態系を形成している。

行き方は、京急線の終点、三崎口駅からバスに乗り換えて10分くらいです。

 

f:id:obakediary:20170508174133j:plain

▲スタート地点は鬱蒼とした源流の森。ここから海まで散策路を歩いて行く。

f:id:obakediary:20170508174302j:plain

f:id:obakediary:20170508174410j:plain

▲シダが群生。

f:id:obakediary:20170508174732j:plain

f:id:obakediary:20170508174842j:plain

▲森を抜けるとだんだんと景色が開けてくる。

f:id:obakediary:20170508175000j:plain

f:id:obakediary:20170508175059j:plain

▲湿原になってきた。このあたりは5月後半から6月にかけて、ホタルを観察できるらしい。

f:id:obakediary:20170508175252j:plain

f:id:obakediary:20170508175427j:plain

▲海が見えた。ここまでゆっくり歩いて60分くらい。

f:id:obakediary:20170508175517j:plain

f:id:obakediary:20170509095356j:plain

▲干潟にはチゴガニという水色の小さなカニが生息しており、一斉に求愛ダンスを踊っていた。バンザイを繰り返す姿がかわいい。

f:id:obakediary:20170508175657j:plain

▲小網代湾。ゴール。

 

1980年代前半には、小網代周辺で大規模なリゾート開発の話が持ち上がったが、この貴重な環境を失うのは惜しいということで、地元の人や県によって保全活動がはじまったそうだ。この日も保全管理ボランティアのおじさんが数名、干潟付近にいていろいろ解説してくれていた。

歩を進めるたび植生が移り変わっていく不思議な森。菜の花やフジも満開で居心地の良い場所である。次はホタルを見に行きたいなあ。

 f:id:obakediary:20170508175750j:plain

f:id:obakediary:20170508175805j:plain