こわくないおばけ

おばけの日記/文章を書く練習

窓から逃げた文鳥を2時間後に無事捕獲した

AM 8:30 放鳥中、不注意で文鳥がベランダの窓から外へ飛んでいってしまった。(自宅マンションは、崖を背にした階段状の構造で、その最上階の7Fが自宅)

妻が慌てて玄関から外へ飛び出し追いかけ、5Fの廊下にいた文鳥を何度か捕まえる寸前までいくが、手の間をするりと抜けて隣の住宅地の方へ逃げてしまい、姿を見失う。

文鳥の体力から考えてもすぐに遠くへは移動できないはずと思い、二人で手分けして近所を探し回る。坂が多く小道が入り組んだ住宅街なので、なかなか効率よく探せない。

AM 9:00 マンションの清掃をしていた管理人さんに、飼ってる桜文鳥が逃げたこと、見かけたら教えて欲しいことを伝える。(重要!)

AM 9:45 1時間以上探したが見つからず、一旦家に戻る。脱走のきっかけを作ってしまった妻は泣きっぱなしでたいへんに落ち込んでいる。とりあえず今できることをやろうと、インターネットで飼い鳥が逃げた場合の対処法を調べる。

・まずはとにかく近所を探す

・近所に住んでる人に声をかける

・警察に落し物として届け出を出す

・ポスターを作って人目の付くところに貼る

・インターネットで情報を募る

だいたいできることはこの辺。人見知りの私にはなんだか気が重くなることばかりだがそうも言ってられない。妻はポスターを作るといってPCへ向かったので、私は、声がけしようと、もう一度外へ出て人を探すが、むし暑くて誰も外にいない...。さすがに一軒一軒回るのは早いと思ったので、戻ってtwitterに載せるためのテキストを書くことにする。

記載する住所はどの辺まで拡げればよいか?特徴はどんなことを書けばいい?他の迷い鳥のツイートを参考にして書いていると、玄関のチャイムが鳴り、管理人さんが文鳥がマンションの裏の通路にいる」と教えてくれた。急いで教えてもらった場所に行ってみると、文鳥が陽だまりでちょこんとしている。絶対に捕まえるという気持ちで、慎重に、文鳥に話しかけるときの口笛を吹きながら近づき、捕獲成功。AM 10:30頃。

f:id:obakediary:20170819184145j:plain

▲保護した直後のブルー。元気。

迷い鳥のリツイートなどを見かける度に、気をつけようと思っていたはずだったが、5年以上飼っていると少し気の緩みがあったのは否めない。そしていざ自分の文鳥が外の世界に逃げてしまうと、しばし絶望である。ショックで、逃げた場合の対処法を行動に移すことすら相当な気力が必要だった。一旦、広い外に出てしまったら小さな小鳥を発見するのはかなり難しい。いくつかの幸運が重なった結果、文鳥はまた家に帰ってくることができた。

ネット上の数々の迷い鳥の情報に、短時間ではあったが同じ当事者として心が痛い。早く再会できるといいなと思う。