こわくないおばけ

日記のようなもの

文鳥の足のケガ

先日帰宅したら、ブルーの右足の後ろの指(親指?)がだらりとして力が入らない感じになっていたので病院に連れて行った。

病院で獣医先生にいろいろこねくり回されて検査してもらった結果、足の指の腱が断裂してしまっていた。留守番中にカゴの中でどこかに足を引っかけたり、変なふうに落っこちたとか、なんらかの形で事故が起きてしまったようだ。

そして断裂した腱は治せないらしい。

大きい動物だったら手術できるけど、文鳥みたいな小さい小鳥は手術するのが困難とのこと。なのでこのまま見守っていくしかない。

 

本人は痛がってる様子もなく、普通に動き回っているしご飯ももりもり食べている。6歳の中高年にしてはめちゃくちゃ元気というお墨付きももらったので、止まり木に捉まるとき少しだけ不便しているようだけど、今のところそんなに心配することはなさそうなのが幸いだ。というかなんで指の腱切れてるのに歌うたいながらピョンピョン走り回ってるんだ。さすが2時間外を探検して帰ってきただけある、これまで病気もケガもほとんどしなかった体の丈夫な文鳥でよかった。

とはいえ足の腱が切れたりするのは老化の証拠でもあるらしいので、そのつもりで今後も気を配ってあげないといけないと思った。歳をとったら体のどこかに徐々に不調が出るのは仕方ない。人間も同じだ。

f:id:obakediary:20180328182220j:plain

▲ヨロイヅカのケーキの袋に入れられて病院に運ばれるブルー

ところでこの日お世話になった病院はとても良い病院だった。横浜の子安駅にある横浜小鳥の病院という病院です。

病院行くといつも思うんだけど、獣医さんにがっちり保定されてこねくり回されてる文鳥はあわれでちょっとかわいそうなんだけどかなり面白い。途中から「もうこれは抵抗してもダメだ...」とあきらめるところとか。