こわくないおばけ

日記のようなもの

犬と旅行する

動物を飼うことが好きだけど旅行も好きだ。でも動物を飼うと旅行には行きづらくなる。動物と暮らすということはそういうことだ。

では犬を旅行に連れて行くのはどうだろうか。なんだか楽しそうだ。というわけで犬と旅行してみた。

とは言うものの、実際は行き先はけっこう制限されてしまう。落ち着きがあるとは決して言えないうちの犬が、移動中や旅行先の慣れない環境では、きっと興奮して大人しくできないだろう。人間側も犬連れ旅行がどういう感じなのかよくわからない。したがって行き先はあまり遠くない場所で、宿も全面的に犬を受け入れてくれるところが良さそうと思った。最近はそういう宿も増えているようだ。千葉県の八街市に、広いドッグランとか池とか犬同伴OKのレストランやホテルがあるドッグリゾートなる場所があったのでハードルを下げまくってそこへ行くことにした。八街が行き先になる旅行はこんな時以外ないのでは…。

f:id:obakediary:20180926152730j:plain

車に乗せられたプロペラ(2歳2ヶ月)。車に乗るのは3回目だがなかなか落ち着かず1時間以上ヒーヒー言っていた。

直行するだけではちょっとつまらないので八街を通過して、太平洋を望む九十九里浜へ向かった。

f:id:obakediary:20180926155706j:plain

f:id:obakediary:20180926161317j:plain

f:id:obakediary:20180926162204j:plain

広かった。左右を見渡しても視界の果てまで海岸だった。

f:id:obakediary:20180926162351j:plain

f:id:obakediary:20180926162413j:plain

f:id:obakediary:20180926162449j:plain

f:id:obakediary:20180926162518j:plain

f:id:obakediary:20180926162545j:plain

楽しそうに走り回っていたのでよかった。あまり海水に腹ばいで浸かって欲しくはなかったけど...。

砂浜に馬の蹄の跡がずっと続いていた。ここをマツケンサンバが大疾走したのだろう。でも将軍だから千葉じゃなくて静岡…?遠山の金さんて暴れん坊将軍と同じ人?まあどうでもいいや。

f:id:obakediary:20180926163312j:plain

サーファーの人とかが身体流す蛇口のところでプロペラを軽く洗って海をあとにした。1時間くらいでドッグリゾートに着いた。

f:id:obakediary:20180926165012j:plain

なんだかいろいろあるっぽい。広いドッグランが3箇所くらいある。隣の敷地はゴルフ場。

f:id:obakediary:20180926165131p:plain

フロントへ行きチェックインしている間もプロペラは全く落ち着かないでそわそわヒーヒー言っていてこいつはダメかもしれない...。と先が思いやられた。

f:id:obakediary:20180926165353j:plain

部屋に入ってもずっとウロチョロしている。まあいつもの家と全然違うからしょうがないね。粗相しそうな気配もあったので、念のため用意してきたマナーパットなるオムツを着用していただいた。一応、床とか壁とかは汚れに強そうな材質でできている。

早速外へ出てみたが、この敷地にいる犬はみんな躾がちゃんとしていて、マナーをわきまえて遊んでいる犬ばかりのように見える。そもそもドッグランとかいう場所にすら一度も入ったことがない我々はなんだか気後れしてしまった。プロペラもシャカシャカしていて、いきなりドッグランに投入してどんな行動をするか不明で怖かったので、誰もいなそうな奥の方にある散歩コースへ行った。飼い主も犬以上に人見知りなのである。

f:id:obakediary:20180926171801j:plain

一周30分くらいの散歩コースもいろんな草木があって静かでそれなりによかった。

戻ってくると、だいぶ人も犬も少なくなっていたので、誰も使ってないドッグランに入ってリードを外してあげて遊んだ。

f:id:obakediary:20180926172348j:plain

f:id:obakediary:20180926172425j:plain

f:id:obakediary:20180926172448j:plain

f:id:obakediary:20180926172517j:plain

冷たい湧き水の池にじゃぶじゃぶ入ったりして楽しそうだった。足の短いくせに結構水に入るのが好きらしい。去年の夏、川へ遊びに行った時あまり楽しくなさそうだったのは流れが早かったからか。

夕食のレストランに犬も連れていいことになってるが、プロペラは絶対大人しくできないと思ったので部屋に置いて行った。レストランに来ている人は全員愛犬と一緒で、テーブルの脇の犬たちは与えられたご飯を食べ終えたあともじっと待っていて感心した。奥の席で、超でかい白い犬(ホワイトシェパードという犬種らしい)を2頭も従え、静かに食事をしている人がいて、スターク家がいる…と思った。部屋に戻りプロペラに家から持って来たいつものご飯食べさせてこの日は終わった。

翌日は1日雨の予報だったので、早朝まだかろうじて雨の降ってない時間に外を散歩した。

f:id:obakediary:20180926174401j:plain

濃い霧がかかっていた。

f:id:obakediary:20180926174423j:plain

f:id:obakediary:20180926174504j:plain

朝食もプロペラは部屋待機。昨日から見慣れないものに囲まれずっと走り回っていたので、さすがに疲れていたのだろう。帰り道は大人しく眠っていた。お疲れさま。

f:id:obakediary:20180926174541j:plain